お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
お金持ちになる習慣 
其のニ 
イヤなことがあったら「ラッキー」と言おう!
人間は「言葉」によって作られるといっても過言ではありません。
前章で潜在意識のお話をしましたが、これは言葉によって人間が形成される最たるものだと思います。

言葉が良い言葉であれば良い方向へ作用するのですが、悪い言葉だと悪い方向へ作用するのです。
良い言葉とは、「肯定的(前向き)な言葉」であり、悪い言葉とは「否定的(後ろ向き)な言葉」なのです。

つまり、「嬉しい」、「幸せだ」、「ラッキー、ツイてる」、「お金がある」などの言葉は、良い言葉ですが、「イヤだ」、「ツイてない」、「お金がない」などの言葉は悪い言葉なのです。

言葉を発することでその「良いイメージ」あるいは「悪いイメージ」が潜在意識に刷り込まれます。
良いことがあって「良い言葉」を使う分にはどんどん言っていいのですが、悪いことがあって「悪い言葉」を使うのは避けなければなりません。

悪いことがあればそれだけで十分にイヤな気分なのですが、その上悪い言葉を言ってしまえば、潜在意識にまでその悪い影響を与えてしまいます。

潜在意識には良いこと、悪いことという判断はできません。
良い言葉が植え付けられればその良い状態へと人を導きますが、悪い言葉であれば人を悪い方へ導くのです。

悪い言葉は心の中の不用物、つまりゴミなのです。
ゴミは、最初から出さないか、さっさと捨てるに限ります。

   

イヤなことがあったら、悪い言葉を使わずに良い言葉を使いましょう。
お金持ちになりたのであれば「お金がない」という言葉は言ってはなりません。
例え銀行に3千円しかなくても「お金はたくさんある!」と言いきってしまいましょう!

よく「ため息をつくと幸せが逃げる」というのもこれと同じです。
ため息をつくことで悪いイメージが潜在意識にまで浸透してしまい、潜在意識が悪い方向へ人を動かすのです。

悪いイメージを潜在意識にまで浸透させないためには、例えイヤなことがあっても「ラッキー」と言いましょう。

もちろんなかなか難しいことなのですが、自分が悪い言葉を口にしていることに気がついたら、まず、黙ることから始めましょう。

そして、その後「でもこういう面では良かったな」とか、悪いことの中でも良い面を探して口にしましょう。
悪い言葉を言ってしまったら、良い言葉で締めくくること。これならできそうですよね。(^^)


前へ← →次へ   TOPへ
サイトマップ

金持ちになろう TOP> お金持ちになるための習慣 イヤなことがあったらラッキーと言おう!
プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO