お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
其の 借金してもいい時
借金が嫌いなじょにですから、これまでしきりに借金するなとお話してきました。
しかし、借金してもいい時というものがあると考えています。

それは
・借金したほうが有利なとき
・金利がほとんどかからないとき
です。

借金したほうが有利なときとはどんなときでしょうか?
それはつまり、借金したほうがお金が入るときです。

たとえば、自分のお金100万円を資産化していたとします。
その資産から毎年10% の利率でお金が入っていたとして、100万円の車を購入するために年率3%程度のローンを組むとしましょう。

このとき、自分の資産を切り崩して、借金せずに車を買ったとしたらその代金分の資産から得ていたお金が入ってこなくなります。借金は0ですが、資産も0です。

ではこのときに3%のローンを組んで車を購入したら、資産はそのまま年率10%のお金が入ってきますので、そこから3%の利息を払っていけば、資産はそのまま残ります。

どちらがいいかは、言うまでもないですよね。


また、金利がかからない借金もどんどん利用したら良いと思います。
たとえば、電気製品を買うときなどは「ジャパネット○かた」の金利手数料がかからないサービスなどです。

ほかにも、地方自治体などが出している助成金などの制度です。
たとえば、その土地で家を建てたり、子供の出産費用を無金利で貸してくれるとかそんな制度があればどんどん利用しましょう。

そういったお金に関する情報を探す能力も大切ですね。


前へ← →次へ   TOPへ
サイトマップ

金持ちになろう TOP>お金を貯めるコツ>其の八 借金してもいい時
プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO