お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
其の 無駄な買い物を防ぐ方法
限られた収入からお金をためていくということはなかなか簡単なことではありませんね.
そこで考えたいのが、普段の買い物です。

ほしいと思って買ったものが後になって全然使わなくなったり、無駄にしてしまったということが少なからずあることでしょう。
それこそムダというものですね。

では、これを防ぐにはどうしたらいいでしょうか。
それは、「ほしいと思った物は、すぐには買わない」ということです。

たとえば、お店でふと腕時計が目に止まったとします。
一目で気に入って、すごくほしくなりました。幸い給料も出たばかり。

買ってしまおうかと衝動に駆られます。
しかし、ここでグッと堪えるのです。

「すごくいいデザインだから他人に買われたらどうしよう」とか「期間限定の品だから今買わないと」なんて思うかもしれませんが、ここで堪えられるかどうかです。

そして、何日も経ってなお、その物が欲しいと思ったら買えばよいのです。

         

何も絶対買うなといってるわけではありません。
自分が本当にそれが欲しいのか、見極めてから買いましょうということなんです。

人間は気まぐれな面がありますから、いざ買ってみたらそれほど気に入らなかったなんてことがあるものです。時間がたつうちにその物に興味がなくなるとか、そんなこともあるでしょう。

そうなると残るのは請求書とガラクタだけとなってしまいます。これほど無駄で賢くない買い物はないでしょう。

欲しいものがあったら、すぐに飛びつかず、じっくりと何度も本当に欲しいのかを考えて購入するようにしましょう。それで本当に欲しいと思ったなら、買えばいいのです。
それくらいの心の余裕は欲しいですよね。


もうひとつ、その買い物が自分にとって「必要なもの」なのか「単に欲しいもの」なのかを考えて買い物するようにしてみましょう。

自分にとって必要であるなら迷うことなく買いましょう。しかし、単に欲しいと思うだけなら、じっくり考えたほうが無難です。

なぜなら、必要なものはすぐに自分の役に立ちます。
しかし、欲しいものは確実に自分の役に立つものになるかどうかはわからないからです。
一時の気の迷いで使いもしない買い物をすることは勿体無い話です。



前へ← →次へ   TOPへ
サイトマップ

金持ちになろう TOP>お金を貯めるコツ>其の八 借金してもいい時
プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO