お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
其の 借金は自分から借りる
前項で借金は馬鹿馬鹿しいとお話しましたが、どうしてもお金が必要になったときはどうすればいいのでしょうか。

利息が少々高くても、次の給料日まで少しの間くらい借りてもいいんじゃないかと思う方もいるでしょう。
でも、できる限り借金はしないに限ります。

そんな時は、自分からお金を借りれるようにしましょう。
つまり、自分がちょっとピンチになったときにそっと出せるお金を準備しておくということです。

たとえば、自分の貯金とは別に、10万円くらいをタンス貯金しておきます。
もしピンチになったときは、そのお金を自分に貸し出します。
そしてお金が入ったらきっちりもとに返すのです。

こうすれば利息は一円もかかりません。

       

とはいえ、「そもそもそんなお金がないから借りるんだろ」という声が聞こえてきそうですが、それくらいの準備金すらないこと自体がすでに問題なんです。

お金を持つことができない人は、ずっとお金に困る人生を送ることになります。
その人のお金に対する考え方が変わらない限り、状態はかわりません。

いつも月末にお金を借りてしまう人は、お金に対する考え方を改めない限り、その状態はずっと続きます。続くだけでなく、利息がつく分だけ悪いほうへ進んでいくことでしょう。

もし、自分に貸せるお金が確保できていない人は、まずそこから始めましょう。
そのためには今のままのライフスタイルをつづけていてはだめです。

一ヶ月くらい、仙人のような生活をして少しくらい貯蓄していく位のことはしないと間に合わないかもしれません。



前へ← →次へ   TOPへ
サイトマップ

金持ちになろう TOP>お金を貯めるコツ>其の八 借金は自分から借りる
プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO