お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
金運向上講座@ お金を持つ人、持たざる人

 誰しもお金は欲しいものですね。頑張って努力すればお金が手に入ると言われていましたが、現実には同じように頑張っても手に入れることのできるお金の額には差があります。頑張ってもけして裕福ではない人はたくさんいるのが現実ですね。

 これはすなわち、「お金をもつことは、努力だけによるものではない。そこには金運という目には見えないが、確かに存在する力がある」からです。

 世の中には、お金を「持つ人」と「持たざる人」という二つのグループがあります。 こういう言い方をすると、いわゆる資本主義の資本家階級(持つ人)と労働者階級(持たざる人)を思い描くかもしれませんが、ここでいう「持つ」「持たざる」の意味は環境や能力などが同じ条件であっても人によって差が出てくるということです。

 お金を持つ人とは、文字通り多くのお金を手に入れられるグループ。俗な言い方をすれば金持ちのことです。そして、お金というものは、なぜか「持つ人」の所へ集まってきます。よくいわれる「お金がお金を呼ぶ」というやつです。

 不思議といってしまえばそれで終わってしまいますが、お金を持つ人の共通した思いというものがあります。それは、「経済的に自立したい」ということ、わかりやすく言えば「経済的に余裕を持つことで、心に余裕を持ちたい」という気持ちです。

 経済的な自立とは、人格的な自由を意味しています。つまり、お金に恵まれ十分な幸福や満足が得られれば、精神的にも余裕が出てきます。何事も前向きに考えられ、世の中の役に立とうといった考え方もできます。

 こうしたプラス思考が、なぜかお金が集まってくる「持つ人」の特長なのです。 一方、お金を特たざる人とは、お金に縁がない人々のこと。このグループに属する人は「持つ人」と同じ努力をしても、なぜか手にできるお金が少ないのです。 こうした「持たざる人」のマイナスの連鎖は続くものです。

 例えば、持たざる人は経済的に自立できていない人が多く、お金を含めて他人に借りを作っていることが多いものです。このため、無意識下(意識している人もいます)で貸し主に心理的な負い目を感じることになり、それが精神的な不安定さやマイナス思考につながっていくのです。

 後はこの繰り返し。どんどん負のスパイラルに落ち込んでしまいます。前向きな考え方やブラス思考なくして、金運は向上しません。とにかく、「お金を持つ人」の仲間に加わることが重要です。

 すなわち、経済的に自立することです。負い目になるような借りを作ることをせず、まずは自分の経済的な拠りどころとなる資産(ある程度まとまった金額の預金など)を持つということです。


まとめ
・お金がお金を呼ぶ。お金は仲間のところに集まるもの。
・お金が増えれば自然とプラス思考となり、さらにお金が集まる。
・まずは「持つ人」のグループに仲間入りすること。すなわち経済的自立と自分の資産を作ること。






























 →次へ →TOPへ  
お金持ちになろう TOP> 
プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO