お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
金運向上講座A お金とめぐり合う力
 金運のいい人と、悪い人は何が違うのでしょうか。同じように生活したり働いたりしていたとしても集まるお金に差が出てくるわけですが、この差がすなわち金運です。

 金運の差とはすなわち、私生活や仕事において、お金を手に入れるチャンスが多い、少ないの差なのです。ここでは、金運のメカニズムについて分析してみることにします。

 人はよく「運がいい」「運が悪い」といったことを□にします。そもそも運とは何なのでしょうか。
「運」という言葉を国語辞典で引いてみると、「移動・回転する、めぐる」「運ぶ・移す」「めぐり合わせ・さだめ」と定義されています。 「運がいい、悪い」という場合、もちろん最後の意味になります。

 では金運の"金"が意味するものは何でしょうか。当然のことながら、金銭ということになります。つまり、金運とは「お金とのめぐり合わせ」ということです。

 めぐり合う力が強ければ、金運がいいということになります。しかし、それだけではありません。
人はお金によって夢や希望を実現し安心を得るわけですから、金には「幸福や満足」といった意味も含まれています。

 ここで、金運の「金」を人に置き換えて考えて見ましょう。異性にモテル人とモテナイ人の違いとは何でしょうか。モテル人は異性と出会う機会をたくさん作るようにします。そのための努力を惜しまず、果敢にアタックしていきます。例えフラれてもめげずに何度もアタックしていきます。そのうち、その経験がその人の自信となって現れ、その人はモテる人になっていくわけです。

 逆にもてない人は、自分に自信が持てず、フラレるのが怖くてなかなかアタックできません。そのうち次第に異性と出会う機会が減っていくわけです。

 話をお金に戻します。金運のいい人は、お金に出会う機会をたくさん作るようにし、果敢にアタックしていきます。そのうち、その経験が知識となってよりお金を生み出すことができるようになるわけです。お金に出会う機会とは、事業を起こすことであったり、投資をしたり、資産を買ったり作ったりといったことになります。

 逆にお金に出会う機会を作ることをしないでいれば、金運は良くならないということになります。例えば「金は天下の回りモノ」といわれるように、お金は1箇所にとどまることなく常に動いています。動き続ける様を眺めているだけでは、お金を手に入れることはできません。まずは流れの中に身を置くことが必要なのです。

 金運のいい人はお金の流れの中にいて、自由にお金の波をつかまえることができます。あるいは、金運のいい人は流動しているお金を自分の方に引き寄せる力を持っているのです。

 某証券会社の誤発注により一夜にして20億円を稼いだ個人投資家がいたそうですが、その人も株式市場というお金の集まる場所にいなければ、そして実際に取引して経験を積んでいなければ、そんな大金を稼ぐこともできなかったでしょう。

 いずれにしても、お金は世の中のいたる所に存在し動き続けています。金運の良い、悪いというのは、そうしたお金の存在場所や流れをつかむことができるかどうかで左右されます。
まずは金運とは「お金とめぐり合うパワー」ということを知ってください。

 勘違いしないで欲しいのは、「お金が流れる場所=ギャンブル」ではないということです。ギャンブルは、基本的に胴元が儲かる仕組みになっています。すなわち、「人の食い物になるシステム」なのです。

 一時的に儲かることもあるでしょうが、それを生業にするプロでさえ運が悪ければ勝てません。素人が中途半端にやれば、人の金儲けの手助けをするだけです。そんなものに自らハマるのは馬鹿馬鹿しいことです。


まとめ
・金運とは「お金にめぐり合う力」である
・お金は一箇所にとどまらず、常に動いている。まずはこの流れに中に身をおく。
・ギャンブルは人の「食いもの」にされるだけ。




























 前へ← →次へ →TOPへ  
お金持ちになろう TOP> 
プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO