お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
クレジットカード比較一覧表
クレジットカードの特徴を比較した一覧を公開します。
クレジットカードはご存知のように様々な特典が付加されています。

国内、海外の旅行保険やショッピング保険の自動付帯であったり、優待、割引サービス、マイレージ、ポイントサービス等さまざまなサービスが提供されています。

カードを実際にはあまり使用しなくても、加入してるだけで特典があったりと、賢く使えば得をする、そんなカードを中心に集めて見ました。

こちらから、各社の詳細情報をみることができます。比較してみて、自分にあったカードを探してみてはいかがでしょうか。
・「オススメ」表示は管理人の独断で表示させていただいています。


ぴあカード ★★★☆☆ チケット獲得確率が増える
なんといっても、コンサートチケットの獲得確率が増えるのが最大のメリット! どうしても行きたいコンサートのチケットをプレリザーブでGETできる確率が2倍になります。


シティクリアカード ★★★☆☆ 年会費永年無料 利用額に応じてキャッシュバック
入会の目安は 20歳以上 年収200万円以上と、比較的ハードルが低いカードです。何といっても年会費無料が魅力ですが、リボルビング払いになります。金利で比べれば、無人店舗キャッシング等を使用して買い物するよりよほど金利が安くてお得ですのでキャッシングをする人はすごく有利になります。


ライフMasterCard  ★★★★★  年会費、入会費無用で、国内・海外でフル活用
なんといっても、入会費、年会費が無料です。それでいてショッピング、キャッシング、旅行に食事にレンタカー、宿泊とフルに活用できる、「使える」カードです。年会費のかからないカードをつくりたいなら、このカードで間違いないでしょう。郵便局のキャッシュカード、ライフのクレジットカード、話題のデビット機能が1枚にできる郵貯ライフカードなんてのもあります。


さくらカード JCB Cupet★★★★☆  ペットライフを充実サポート
ペットを飼っている方なら、あなたの可愛いペットの写真をカードにできるCupetはいかがでしょうか。ペット用品宅配サービスを5%引きで利用できる特典やペット保険やペットショップ、迷子のペットを探し出すペット探偵サービスなど、いざというときに役立つ情報をサポートしてくれます。


さくらカード JCB E.GO★★★★★ 年利1%の低金利と強力なキャッシュバック
カード利用金額の最大1%が自動的にキャッシュバックされるのが最大の特徴です。また急な出費が必要なときも、3万円以下なら年利1%でキャッシングできるSakutto Cashingも使えます。通常のキャッシングでは27%とか高い金利を取られたりしますが、年利1%なら心強いですね。


AEON カード★★★  イオングループ各社の割引サービスがお得
ジャスコ、マックスバリュ、メガマートがお近くにあるなら、AEONカードがおすすめです。なんといっても年会費が永年無料で、ジャスコ、マックスバリュ、メガマートでのお買い物がすべて5%引きになります。(毎月指定日)


出光カード ★★★★★  JAFと比較して格安なロードサービス ガソリン代も安く
車に乗る人なら、いつでもガソリン2円/L引きになる出光カード。ロードサービスが年787円で利用できる特典もあります。同様のロードサービスがJAFなら入会金2000円、年会費4000円ということを考えたら、得ですね。これだけでも元が取れます。


◆カード情報の漏洩について
カードは不安という方もいるかもしれません。
しかし、不正使用されたなどイザとなったときはカード会社が手厚く補償してくれます。
少なくとも、損害を私たちがかぶることにはなりません

なぜなら、補償を十分にせずに個人に責任を転嫁すれば、消費者はたちまちカード離れを起こしてしまい、クレジットカード会社自身が存続の危機にあってしまうからです。

欧米では、現金よりもカードのほうが主流です。
多額の現金を持ち歩くのは危険なので、もし強盗にあっても被害を最小限にとどめられるように、現金のかわりにカードを持ち歩いているのです。

ひったくりが多発する現在の日本。
現金をひったくられたら、お金はまず戻りませんが、カードを不正に使われても補償を受けられます。。
そう考えれば、現金をたくさん持ち歩くよりは安全だといえるでしょう。

現金を持ち歩くのは、すでに危険な時代なのかもしれません。
■カード選びのポイント

海外旅行者向け(旅行保険つきカード)
欧米では、ホテルやレンタカーでの予約には、現金ではなくカードの提示が求められます。

したがって、海外での利用では、VISA,Master,JCBなどがついている「国際カード」をもつ必要があります。

これらのカードの中には、旅行者向けサービスとして、日本語による現地案内サービスを提供したり、旅行者障害保険が自動的に付いてくるカードなどがあります。

旅行保険サービスのついたカードを1枚持つことで、毎回海外へ出るたびに保険をかけなおす手間と費用をセーブすることができます。


ドライバー向けカード(ETC機能/無料ロードサービス)
自動車をよく利用する方は、車の故障や事故の際に、無料ロードサービスが受けられるカードがおすすめです。

性能が良くなっているとはいえ、車も消耗品です。長く乗っていると、思わぬ故障で立ち往生することも。

ロードサービスが無料、あるいは格安で受けられるカードなら、いざというとき安心です。

またETCカード機能のついたものも各社から出始めております。


分割払い型カード
毎月自分が設定した一定の金額で返済できるカードが続々とでてきております。

また買い物の時ではなく、請求書がきてから分割にするかどうかを決められるサービスを提供するカードも見られはじめ、ますます便利になってきました。


ゴールドカード
各社が用意する最高のサービス・保証を受けられます。

通常、カードに付帯する「海外旅行者保険」や「ショッピング保険」なども最高額での保証が付いております。

20代を対象としたヤングゴールドカードなどもあります。

ショッピングカード(流通系カード)

イオンやセゾンといった流通系のクレジットカードでは、提携店舗で利用した場合に買い物金額の3〜5%割引されるといった特典のついたカードがみられます。 

提携カードとしてVISAやMaster Card、JCBカードなどがついているので、国際カードとしても利用できます。
証券会社は1社だけでいいの?
証券会社は各社特徴があります。手数料が安いだけではなく、株の多機能な分析ツールや、機能的な注文ができる証券会社を複数使いこなせばもっと勝率があがるかも知れません。リスク分散の意味からも口座の複数化を検討しませんか?
 
続きを見る>>






 前へ← →TOPへ

お金持ちになろう TOP>比較一覧 >クレジットカード比較一覧表
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO