お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
金運向上講座N 運気を下げるその行動 
  ここまで金運アップのための思考法や行動についてのノウハウを述べてきましたが、ここらで逆に、つい思わずやってしまいそうな金運ダウンの行動をまとめておきたいと思います。

 日常生活において、「買い物でつり銭を多く渡された」「買った商品の代金を請求されなっかた」「お金を拾った」といった経験をすることがあると思います。

 ここで注意したいのは、間違っても「金運があがったぞ」などと思って、自分の懐に入れてしまわないようにしてください。

 一見、お金との縁が深まったと勘違いしがちですが、この行動は明らかに金運を下げているのです。

 何故かというと、不当にお金を手に入れたことで、表面的には得をしたと感じていても、潜在意識ではどこかで良心の呵責を感じているものなのです。

 そのことによって自分に向けてマイナスのエネルギーが発せられることになります。それはすなわち、潜在意識によって自らのあらゆる行動に対して精神的なブレーキがかかり、運気が下がるということなのです。

 また、損をした側の怒りや悲しみの思いがマイナスエネルギーとなって、お金を手に入れた人にまとわりついて運気を下げてしまうからです。こういったことは非論理的であり、容易に信じられないかも知れませんが、人の念というものほど怖いものはありません。 

 多少お金が転がり込んだとしても、、こういったマイナスエネルギーを背負い込むことは、ワリに合わないのです。

 つり銭の間違いや代金の不請求などは、こちらが正しく対応(返還するなど)すれば問題ありません。問題は落ちているお金への対処です。特に数十円といった少額の場合は判断に困ります。 

 お金を大事にするという金運アップの視点からは、落ちているお金を見過ごすわけにはいきません。かといって拾っても警察に届けるほどではなく、財布にしまい込んでも誰もとがめることもないはずです。

 もしかすると、良心の呵責さえ感じない額なのかもしれません。
 しかし、確実に運気に影響を与えるものです。そこで、対処法のひとつとして勧めたいのが、募金をしてしまうことです。

 滞っていたお金を再び流れに乗せることができますし、募金によって、誰かの役に立つと思えばマイナスのエネルギーをプラスに転換することもできます。

 では、逆にお金を落としてしまったらどうしますか?
金運アップを忠実に実践していると、「仕方がない。大きくなって戻っておいで」と思いがちです。

 もちろん正しいのですが、その前に落としたお金を必死に探してください。それがお金を大事にするということなのです。 

 その上で出てこなかったなら、仕方がありません。怒りや悲しみの気持ちを捨て、大きな金運となって戻ってくるように念じてみましょう。


まとめ
ネコババは金運ダウンの元。お金と一緒に負のエネルギーも入ってきてしまう
・小銭を拾ったら、募金してしまうことでマイナスのエネルギーをプラスに転換できる
 前へ← →TOPへ  
お金持ちになろう TOP> 
プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO