お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
金運向上講座M  迷信も迷わず信じてやってみよう
  「笑う門には福来たる」「西の方向に黄色いモノを置け」「トイレの上フタを必ず閉める」「宝クジは大安の日に買う」など、金運アップやお金を増やすための行動を示した言い伝えや格言などが、古今東西を問わず数多く存在しています。

 恐らく、みなさんも一つ二つは試した経験もあるでしょう。ただ、実行したからといって本気で金運がアップするとは考えていないことと思います。

 確かに、こうした行動が金運アップに直結するわけではありません。しかし、気分転換のきっかけを作り、気持ちを前向きにするという意味があります。 

例えば、「金曜日に爪を切るとお金がたまる」と言います。金曜と金をかけているわけですが、もちろん実行したからといってお金が集まるものではありません。

 しかし、もし「金曜日に爪を切るとお金が貯まるんだよ」といって育てられていたとしたら、そのとおりにすれば金運が良くなると思うのではないでしょうか。重要なのは、「金運が上がりそうだ」と前向きに考えられることなのです。

 人はその日の気分によってずいぷんと物事に対する考え方が左右されます。それどころか、意識していないだけで一日の中でも実は思考がプラスやマイナスを行き来していると言います。

ですから、日常生活に密着した金運アップの習慣を身につけていると、そういう思考のブレを安定してプラスに保つことができるというわけです。 

 そう考えると、冒頭のさまざまな行動法も理に適っているとうなずけます。一日のうちに何度かは必ずトイレに行きますから、その都度フタを閉めれば「金運が上がる」と思うことができます。

 実際に、ジャンボ宝くじの一等が連続で当たった人がいるそうですが、その人も独自のおまじないのようなことをしていたそうです。そしてそのおまじないのおかげで「絶対に当たる自信があった」と言ってるのです。

 これを科学的に説明することはできませんが、実際に宝くじに当たった人は、そういった自分なりのおまじないのようなものを持っている人が多いのです。

 金運が上がるという、いわゆる迷信のようなものでも、何はともあれやってみるというのが開運術の基本でもあります。

 気分が落ち込みがちなときには、作り笑いでもいいから表情を緩めればいいのです。 実際、こうした金運アップの行動習慣をたくさん持っている人は、必ずといっていいほど運気がいいものです。

世間一般にいわれているものはもちろん、自分が気持ちを転換できるのであれば独自の開運法でも構わないのです。自分なりの、「これは」と思えるものを見つけてみてください。

 迷信も、迷わず信じてやってみれば、運気がUPしていくものなのです。

まとめ
金運UPのおまじないも、バカにせずにまずはやってみることが大切
・運気は自分の気持ちが影響する。自分の気持ちを切り替えて、運気をあげるために自分なりの方法を見つけよう
 前へ← →次へ  
お金持ちになろう TOP> 
プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO