お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
金運向上講座J お金と財布の関係
 日常的に身に付けているもので、最もお金と縁深いのは「財布」です。お金にしてみれば、財布はまさに自分の部屋のようなもの。風水でも部屋の模様替えは金運アップに欠かせませんよね。

 ならば、金運UPのためにも財布にちょっとしたこだわりと工夫をしてみませんか?

 例えば、厄払いで気持ちをスッキリさせたら、新しい財布を買うことをお勧めます。というのも気持ちをあらたにするというのはもちろんのこと、薄汚れた財布ではせっかくの金運も逃げてしまうからです。

 天下の回りものであるお金を引き寄せるには、パリッとしたキレイな財布が適しています。お金だって汚い財布よりはキレイな財布のほうが居心地がいいのです。

 財布を買う時期も金運に影響を与えると言います。春は「張る」といって財布を新しくするのにいいといわれています。秋は「空き」といってお金がたまりにくいそうです。こういう縁起担ぎも金運UPには大切です。

 もっともこれも気持ちの問題で、縁起のいいきっかけで財布を新しくする分には、あまり気にしなくても良いでしょう。

 外見だけでなく中もきちんと整理しておくことも大切です。レシートや領収書を入れっぱなしにしておくことは避けてください。ほとんど使っていない会員カードなんかもできれば別に収納しましょう。

 ところで、どんなタイプの財布を使っていますか。金建アップを考えると、二つ折りタイプよりもお札が真っ直ぐに入る長財布がいいようです。

 というのも、金運的な考え方では、お金が持っているエネルギーを大切にしてパワーを最大限に発揮するには、お札を折らないほうがいいからです。

 長財布を愛用している人にいわせると、二つ折りよりも気持ちが引き締まるそうです。実際、皆さんも見たことがるとと思いますが、テレビなどに登場するお金持ちといわれる人たちの財布を見ると、ほとんどが長財布です。

 それもパリッとした財布にお札がしまわれています。逆にお金に縁のない人の財布のイメージは、やっぱり汚い財布のイメージがありませんか?

 実際、じょにの友達でもすぐに散財していつもピーピー言ってる友人がいますが、やっぱりボロボロの財布を使っていました。

 中には財布を持たずに、裸でお札や小銭をポケットに入れている人もいるようですが、お金にしてみればホームレスにされたようなものです。

 実際お金を落とす確率も高いでしょうし、そんな人のところにお金が好き好んで集まるわけがないですよね。

 好みもありますが、できれば長札タイプの財布を使って金運アップといきたいものです。

 それから、お札のしまい方にもコツがあります。上下の向きをそろえるのはもちろんですが、お札に印刷された人物の頭を下向きにしてみましょう。
 
 お金に羽が生えて飛んでいくイメージをしてみてください。必ず頭は上向きで飛んで行きますよね。ならば逆にお金がなかなか出て行かないように重たい頭を下にしようというのが理由です。

 また、自分の手元に来たお金は、丁寧に扱うことです。世間に出回っているお金の量はかなりのもの。縁あって自分の財布に入ってきたのですから、感謝する心を忘れないように。

 お金が出て行くときには、「大きくなって戻っておいで」ぐらいの気持ちで送り出しましょう。



まとめ
・財布はお金の部屋。財布はキレイなものを使い、整理整頓しよう
・お金持ちは財布をキレイにこだわって使っている人が多い。お金に縁のない人は汚い財布でお金を粗末にしていることが多い
・お札は向きをそろえて、下向きにしまう。お金を使うときに感謝の気持ちで送り出そう

 前へ← →次へ  
お金持ちになろう TOP> 
プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー プライバシー ポリシー
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO