お金持ちになろう!
〜お金を生み出す頭脳の作り方〜
其の三 自分の頭に投資する
お金持ちとそうでない人との差とは、いったい何でしょうか。
「金持ちは頭が良いんだよ」そんな声が聞こえてきそうですね。

お金持ちとそうでない人との決定的な違いは、つまるところお金に対する考え方の違いなのです。

今の学校教育では、お金について教育をはじめているところも出始めているようですが、
じょには学校でお金についての教育を受けたことはありませんでした。
恐らく、これを読んでいる方も同じではないでしょうか。

じょにに、お金について教えてくれたのは両親で、じょにの両親は勤勉に働き、質素倹約してお金を貯蓄することをじょにに教えました。

このままじょにが、何も学ぶことがなかったら、多分に両親と同じような平凡で質素な暮らしを続けて行ったことでしょう。

それはそれで良いかなとは思うのですが、じょにはお金持ちになりたいと思い、どうすればお金持ちになれるか、その方法を真剣に学ぼうと思ったのです。

その結果、お金に対する考え方が180度変わり、世の中の見方が変わってきました。新しい世界が開けてきたのです。
                
今あなたが、まだ漠然とお金持ちになりたいと思っている人であるならば、ぜひ、お金持ちになる方法を学ぶことをお奨めします。このサイトでも基本的なことは学べると思いますし、これを読んでいること自体も勉強していることになるでしょう。

まず、お金に対する考え方から学び、どうすればお金持ちになれるのか、それに必要な知識として何を学べば良いのか、勉強することは沢山あります。

勉強なんて、嫌だなと思う方もいるかもしれませんが、学校の勉強と違って、すぐに自分を助けてくれる力になり、結果に繋がっていくのです。

お金に関する考え方の勉強、投資の勉強、お金に関する読み書きの勉強、税金の勉強など、出来ることから少しずつ、確実に勉強していきましょう。

ろくに勉強もせずに株式投資をはじめた人がいました。彼は最初の1ヶ月で20万円くらい儲け、気を良くして投資を続けていました。

少し株価が下げたところで、安くなって仕込どころだと株を買いこみましたが、すぐに株価は急落し、含み損が200万円をこえ、恐ろしくなって株を売りました。

    

その翌日、株価は持ちなおし、買いそびれたままもとの株価まで徐々に戻り、結局200万円の損をしたと言う話があります。

彼が株についてしっかり勉強しておけば、そもそも株価が下げたところで買い足す「ナンピン買い」を警戒もせずにする事もなかったでしょうし、テクニカル分析という手法を学んでおけば、株価が持ちなおすポイントをある程度察して買い戻すことが出来たかもしれません。

まぁ、それが彼にとっては忘れられない教訓となり、これ以上ない経験として学ぶことが出来たわけですが、勉強さえしていれば、ここまで酷いことにはならなかったはずです。高い授業料になりました。

お金持ちになるためには勉強はかかせません。勉強しないことは結局高くつくことになるのです。逆に勉強さえすれば、世界が開け、お金持ちになる道を進んでいくことが出来るのです。

勉強することによって、損をすることはありません。あえて言うなら、時間を投資する必要があるくらいですが、
勉強したことはすべて自分の財産となり、結局は何倍にもなって返ってくるのです。

結論
自分の頭脳への投資こそ、リスクのない最大の投資である。

 前へ← →次へ   TOPへ
サイトマップ

金持ちになろう TOP>金持ちへの道>其の三 自分の頭に投資する
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO